2010年06月27日

かつて、俺にとって韓国は'敵'という概念があったけど・・・。
いつからか、'仲間意識'がそれを上回るようになった。
みんながどうかはわからないけど、俺の中ではそういう感情?感覚?になっていった。

学校で歴史を習っていた頃までは、俺は韓国のことを'敵'だと捉えていたと思う。当時の日本の世の中もそういう捉え方をしていたと思う。
だけど、俺の中で'サッカー'が韓国に対するイメージを変えた。

2002年のW杯日韓大会をキッカケに、韓国は単なる'敵'には見えなくなった。おそらく、韓国という国をメディアを通して初めて見て、日本とそんなに違わないことを知ったのと、日本代表が世界を相手に闘うようになり、'同じアジア勢として・・・'という意識が芽生えたから。
でも、それだけじゃない。それ以降も韓国の日本に対する姿勢が素晴らしい。かつて、日本が韓国にどれだけひどいことをしてきたか。。。そんな日本に対して韓国は仲間意識を持って歩み寄ろうとする。共にベスト16に行こう!とか、共にW杯に出場しよう!とか。俺は韓国のその姿勢をすごくリスペクトします。単純に嬉しいし。だから、サッカーを通じて韓国に対して'敵'というより'仲間'という感覚が先行するようになった。
(まあ、敵は敵なんだけど、、、良い意味の敵。絶対に負けたくないことに変わりはない!!)

そんな感情から、今大会、韓国の試合の日が来ると、勝ち上がってほしいと思い、韓国を応援することがありました。
ちょっと前までは全然そんなこと感じなかったのに・・・不思議だなあ。。。
'サッカー'の影響力ってすげーひらめき
俺はサッカーのおかげで韓国の素晴らしいところに気付いた。そして、韓国のおかげでサッカーの素晴らしさを再認識した。
俺たちは韓国に見習うところがあるし、また、サッカーの素晴らしさを改めて感じる必要があるなと思いました。

My-B YASU


ps.今日、敗戦後の韓国大統領が「日本はアジアの代表としてベスト8入りを果たしてほしい」と日本代表にエールをくれたそうです。韓国の敗戦後なのにexclamation

韓国の分まで勝とうexclamation×2
posted by My-B(マイボー) at 00:00 | Comment(0) | Yasu
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

spacer.gif